カナダ・カナディアンロッキー/レンタカー&ドライブ情報①

レンタカーで周るカナダ・カナディアンロッキーのドライブ情報①



ロゴ
ライン

カナディアンロッキー観光
レンタカー&ドライブ情報①

= Canadian Rocky in Alberta CANADA =

カナダカナディアンロッキーレンタカードライブ情報

 バンフにて2日間レンタカーを借り、カナダ・カナディアンロッキーをドライブしてきました!私達がその時体験したレンタカーやドライブに関する情報・感想等をお届けしています。今後カナダ・カナディアンロッキーを訪れる予定がある方へ、少しでもお役に立てればと望んでいます。

区切りライン

ROAD OF CANADIAN ROCKY - BANFF TO COLUMBIA I.F.

2009年秋に体験した極限られた情報です。参考程度に御覧下さい。

①レンタカーに関する情報

【利用レンタカー会社:Hertz(ハーツ)レンタカー】
 初めて海外でレンタカーを借りる為、安心して借りられるビッグ・ネーム2社(私の中で)のHertz(ハーツ)レンタカー会社とAVIS(エイビス)レンタカー会社に絞って調べたところ、宿泊先のバンフ・スプリングス・ホテル内に営業所があるという事で迷わずHertzに決めました。バンフの繁華街近くに宿泊していたら、ショッピングセンター・カスケードプラザ内に営業所があるAVISを選んでいたと思います。

【海外でのレンタカー利用に欠かせない語学力(今回は英語)】
 私達が訪れた時点ではハーツ営業所には日本語を喋れるスタッフは一人も居ませんでした。レンタカーを借りる最低条件として、ある程度の英会話力(伝える力と聞き取る力)が必要です。お互いに話している内容が全く理解出来ないようなら 万が一の時にトラブルの元と成りかねませんのでオススメは出来ません。

…と言っている私の英語力はと言うと、以前習った英単語・英会話はほとんど忘れ、挨拶が出来る程度でまともな会話は全く成り立たない状態でした。なので前もって手続きの際に考えられる必要な英会話・英単語を調べ、それを書いたメモを片手に挑んでみました。

 一切の補償は出来ませんが、日本でレンタカーをよく利用している方なら、私のように考えられる英会話・英単語を前もって調べ、更に御利用予定のレンタカー会社の料金システム・プラン等を理解した上でチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか?

Hertz(ハーツ)レンタカー・バンフ営業所の場所
(フェアモント・バンフ・スプリングス・ホテル敷地内)

Canada Photo

バンフ市街地から緩やかな坂道を上って来ると反時計回りのロータリーがあります。

Canada Photo

ハーツレンタカー・バンフ営業所はそのロータリー脇に建つホテル別棟1階にあります。

Canada Photo

の印は「ホテル前、略図(↑)」のそれぞれの色の印辺りから撮った写真です。

レンタカー貸出、実際の手続きの様子
(ハーツレンタカー、バンフ営業所にて手続き・受取~返却)

【まずは受付カウンターへ】
 問題なく無事に借りる事が出来るだろうか…とドキドキしながらカウンターへ。2人いたスタッフの1人が近付いてきて、まずは御挨拶。日本から来たと解ると、何とそのスタッフは日本語で「こんにちは。日本の何処から来ましたか?」と尋ねてきたのです!

 結局そのスタッフはカタコトの日本語しか喋れず、大切な契約手続きの際は全て英語で話していましたが、緊張しまくっていた私はその一言でとても安心して冷静さを取り戻し、心に余裕が出来ました。

 接客面でも笑みを交えながら、ジェスチャー付きでゆっくりと喋ってくれたので解らない言葉でも理解する事が出来ました。優しいスタッフに感謝です!

【必要なものの提出】
 私達の場合、借りる車種や日数等を事前に決めて予約しておいたので、その内訳が書かれた相手からのメールを印刷した用紙日本の運転免許証国際運転免許証クレジットカードの4点を提出しました。パスポートは…提示したような…しなかったような…う~ん覚えてません…。

【確認手続きと説明】
 提出したものをスタッフが見ながら、貸し出し車種の確認や免許証の運転可能車種、本人確認、有効なクレジットカードかどうか等のチェックをしていました。その間5分も経っていなかったような…。

 その後必要書類等を確認しながら「返却時には燃料を満タンにして返す、満タンでない場合は後でクレジットカードにて請求される。」とか「走行距離に制限無く走れて追加料金は発生しないプランである事。」「出発前の車両チェックとその書類の提出」「車両の返却(営業時間内と営業時間外)方法」等の丁寧な説明を受けました。こちらから確認しておきたかった事のほとんどがその説明に含まれていました。

【任意保険加入のススメ】
 まずは任意保険に加入した場合とそうでない場合のもしもの時の違いを説明してくれました。元々加入するつもりだったのでその旨を伝えると、次は任意保険の種類説明。値段が安い方と高い方の2種類の保険があり、其々の特徴をジェスチャー付きで説明してくれました。

 高い方は車が全損しても補償してくれるというものでしたが、高い方と言っても日本では見た事がない安さ(車両のレンタル料金も!)で、更に安い方との差額も微々たるものだった為、迷わず高い方の保険に加入しました!

【車両の鍵と必要書類の受け取り】
 鍵と必要書類を受け取り、営業所内での手続きは全て完了!さぁ出発!…といきたい所ですが、受け取った書類の中には現時点での車両の状態をチェックする用紙(確か3枚綴りの白青黄の用紙。)が有り、自分で車両内外の傷・破損等が無いかどうかを確認する必要があります。(スムーズにエンジンが始動し、ブレーキがしっかりと効くかどうかも確認しておきましょう!)

 その時点でもし傷等があればその用紙に書き込み、必ず出発前に提出しなければなりません!後から提出して「元々傷が付いていた!」は通用しませんので提出し忘れて出発しないようにお気を付けを!(手続きの際、スタッフからもその説明があります。因みに私達の場合、後部ウィンカーカバーが破損していました。)

車は自分で駐車場まで取りに行きます。スタッフが直接営業所前まで持ってきてくれる事はしません。その分チップも不要です。スタッフは営業所からは一度も出てきませんので、全ての手続きが終わったと勘違いして、そのまま車両のチェック用紙を渡さずに出発する事のないよう、くれぐれも御注意下さい!

また車両を取りに行く前には… 営業所内には、解りやすいバンフの町の案内マップも置いてありました。忘れずに貰っておきましょう!

【実車との御対面!】
 いよいよ2日間お世話になる車両との御対面です!その車両は営業所裏の駐車場(3階建)に停車していました。指定された番号の場所に停められた車両が借りる車両となり、その場所が借りている期間中~返却するまでの専用駐車場所となります。

駐車料金に関して:夏のピーク時は解りませんが、私達が訪れた時(秋)の駐車料金は無料でした。(駐車料金が書かれた看板もあった為、外部からの乗り入れ時は有料だと思います。)

【レンタカードライブ出発】
 急いで出発せずに、日本とは違う左ハンドル車両の感覚(幅や長さ、右左折時の曲がり具合等)や右車線走行への意識等を充分に高めてから心に余裕を持って出発しましょう!

 特に注意したいのは右左折時の左車線(反対車線)進入や駐車時の対人対物接触です。万が一事故を起こした・起こされた場合は必ず警察に届けましょう!警察に届けなければ一切の保険は適用されません!

 また相手がいる場合、自分が悪いと思ってもその場での謝罪は禁物です。法律上では相手の過失も考えられ後々面倒な事にもなりかねません。但し相手を労わる気持ちは大切です。特に怪我人がいる場合は。

【車両の返却】
 お世話になった車両ともお別れ…。決められた場所に車両を停めて忘れ物が無いかを確認した後、返却となりますが返却時にも車両の傷等をチェックする必要があります。返却時のチェック用紙はピンク色だったような…うろ覚えですみません。

 全く傷が無くても、傷が無い事を確認しておきましょう!(傷等があって、任意保険に加入していなかったり、保険適用外の場合は後日請求書が届く事になります。)

 後は返却時のオドメーターが示す車両の総走行距離とガソリンの量(8段階表示/満タン返し契約の場合は必ず満タン給油を!)・返却日時・駐車場所・車両ナンバー・車名・車色等を書いたと思います。

 何を書く蘭か解らない場合は、最初に受け取った書類を見れば同じ内容のものが書かれていると思うのでそれを参考にして下さい。それらの書類と車の鍵を営業所に返却しに行きます。

 営業時間外(↓)に返却する場合は、営業所入口右手にあるポストのような四角い箱(↓の写真)に投函するだけです。スタッフは次の日の朝まで居ません。

 投函する前に今一度車内に忘れ物が無いか確認しておきましょう!また次の日の朝にスタッフが車両返却を確認するまで、車両管理の責任は借りた側の責任となるそうです。

Canada Photo

ハーツ レンタカー・バンフ営業所の営業時間は、午前8時~午後5時まで(無休)となっていましたが、今後変更があるかもしれません。御利用予定のある方は再度御確認して下さい。

 又返却時間に関して、私達は営業終了後約2時間遅れでの返却となってしまいましたが、営業時間内に間に合わなくても翌朝の営業時間までに返却すればOKという事だった為、延滞金等は一切発生しませんでした。

 しかし借りる条件や時期によっては延滞金が発生するかもしれませんので、直接スタッフに尋ねるか契約書の内容をしっかりと御確認して下さい。( 他の営業所では、数時間単位で延滞金が発生する所もあるそうです。)

忘れている事があるかもしれません。御容赦下さい。)

利用はしていませんが、AVIS(エイビス)
レンタカーの場所だけでも掲載しておきます。

AVIS(エイビス)レンタカー・バンフ営業所の場所
(ショッピングセンター/カスケードプラザ内1F)

Canada Photo

 エイビスレンタカー・バンフ営業所はショッピングセンター/カスケードプラザ内1階にあります。営業時間は土・日・平日と異なるようです。カスケードブラザが開店する前にオープンする日は正面入口から入れるのかどうか詳しくは解りません。駐車場は地下2階だそうですが 夜間入出庫不可の時間帯があるようです。

Canada Photo

営業所の場所は確か…正面入口から入って左手に進んだ所だったと思います。↓の建物に御注意を!

Canada Photo

 上の写真2枚に写る建物は、カスケード・プラザによく似ていますが、全く別のショッピング・センターです。バンフ市街地略図(写真2つ上右)のの位置辺りに建つ「Town Center」という建物です。お間違いなく!

 以上2社に絞って掲載しましたが、安心して利用出来るレンタカー会社は他にもあると思います。乗り捨ての有無等、他社とも比較して御自身の旅行プランに合ったレンタカー会社をお選び下さい。御利用の際はオフシーズンだからといってレンタカー車両が残っている保障はありません。事前の御予約をオススメします。

レンタカーに関する諸注意等をトップ頁 アイコン 『CANADA 2009 TOP(基本情報&諸注意)』アイコン 『その他(注意)/≪レンタカー≫』 欄に掲載しています。そちらも合わせて御参照下さい。

次頁のパート②は…
ドライブには欠かせない交通ルール情報です!

区切りライン
区切りライン
国旗
区切りライン
区切りライン

ボトムロゴ